Valet Free HTML5 Template

京都グロースレオクラブ

Prodused by Kyoto-hokomachi.com

<ところでライオンズクラブってどんなとこ?>

世界で一番大きいボランティア組織です。

 

<ライオンズクラブ国際協会>

歴史を紐解くと、1917年メルビン・ジョーンズが、社会全般の向上のために活動するサークルを作ろうと他のサークルに呼びかけ、6月7日に9州27のクラブの代表者をシカゴに招き、ライオンズ協会(Association of lions Clubs)を設立しました。初代会長はウィリアム・P・ウッズで、メルビン・ジョーンズは幹事を務めました。(まるで鉾町ライオン設立時の杉江さんのようですね!)。同年10月8日には、第1回の大会が開かれたことで組織が完成しました。10月8日は世界ライオンズデーとされ、毎年街頭活動等の記念行事が行われています。

日本では1952年3月にフィリピンのマニラライオンズクラブのスポンサーのもとで東京ライオンズクラブが発足し、初代会長の石川欣一は、1959年に国際理事となりました。(その後も、日本から国際会長、国際理事が次々誕生しています)

2020-2021国際会長ジュンヨル・チョイのメッセージ ▶ ライオンズの皆様へ

国際協会の日本語website ▶ 国際協会日本語website

 

<ライオンズクラブ国際協会335-C地区>

ライオンズクラブは、現在、世界200カ国以上にまたがり、約5万ものクラブが存在します。日本では、330から337までの地域で活動を行い、私たちは、335複合地区に所属しています。(335-A〜D/大阪、和歌山、兵庫と京都・滋賀・奈良が含まれている地域)現在の335複合地区協議会議長は、335-C地区の L. 松岡 勲(写真/京都南LC所属)が就任しておられます。その中の335-C地区(京都・滋賀・奈良)には、地区ガバナー L. 松岡 勲のほか、第一副地区ガバナー、第二副地区ガバナー、キャビネット幹事、キャビネット会計、12名のキャビネット運営委員、15の委員会が構成され、15名の名誉顧問が見守られております。

335-C地区の最新情報は、▶ 月刊WEBライオンタイムス(2020年7月からのバックナンバーも見られます)

2020-2021年度、L.飯田由美子(京都鉾町LC所属)が委員長を務める地区レオ委員会

2020-2021年度、L. 岩澤有徑(京都鉾町LC所属)が委員長を務める地区MC・IT委員会

 

<335-C地区 2R1Z 京都鉾町ライオンズクラブ>

105クラブ/3835名(2021年1月末)が所属する335-C地区内に1R~8Rまでのリジョンチェアパーソンの元、私たちの2R1Z(2リジョン1ゾーン)には、ゾーンチェアパーソンがおられます。京都洛陽LC、京都ときわLC、京都モーニングLC、京都王仁LC、は同じ2R1Zの兄弟クラブです。京都鉾町LCは、2015年4月に設立されました。(設立時は、120番めのクラブ)そして現在の7代目の会長 L.伊原健起率いる京都鉾町ライオンズクラブは、地区内10番目の京都グロース LEO クラブを設立いたしました。若い皆様の輝かしい瞳を見つめていると私たちも勇気が湧いてきます。互いに助け合い、地区内で話題になる活動ができたら素晴らしですね。

左から京都鉾町LC 7代目会長 L. 伊原健起/幹事 L. 宍戸伸考/会計 L. 梶川佐穂子

左から2020-2021・2021-2022京都グロースレオクラブ

会長/Leo. 井上貫太 幹事/Leo. 岩澤里佳 会計/Leo. 飯田遼斗

 

京都鉾町ライオンズクラブのいいところは、▶ WEBライオンタイムス特集記事