WEB ライオンタイムス

<2021.7月/第13号>

 

 

祝 335-C 新キャビネット 最新情報!

2021-2022 MC・IT 委員会より皆さまのスマホやPCにいつでも今月の最新情報をお届けします!

地区ガバナー L 佐々木由美子

地区ガバナーテーマ

『 あなたの笑顔が見たいから - させて頂く喜びと感謝 - 』

地区アクティビティ スローガン

『 奉仕から出会える笑顔は心を繋ぐ 』

 

地区ガバナー L.佐々木由美子+国際会長 ダグラス X. アレキサンダー ご就任おめでとうございます。

 

■■ 写真は、バーチャルで開催された就任宣誓式の一コマです

■■ 335-C地区ガバナー・第1副地区ガバナー・第2副地区ガバナー 就任記念動画 youtube

< 制作:岩澤 >

 

 

<335複合地区 複合旗伝達式>

■■(写真左から)335-D地区ガバナー.松井精史/335-B地区ガバナー.中谷豊重/335-A地区ガバナー下副田弘文/335複合地区協議会議長.松岡 勲/次期335複合地区協議会議長.三宮秀介/335-A地区ガバナーエレクト.畑山裕子/335-B地区ガバナーエレクト.正岡 章/335-C地区ガバナーエレクト.佐々木由美子/335-D地区ガナバーエレクト.橋崎良治

335複合旗が、協議会議長 松岡 勲から次期協議会議長 三宮秀介に伝達されました>

 

晴天の好日、6月23日(水)ウェスティン都ホテル京都にて335複合地区 複合旗伝達式が厳かに開催されました。

MJF100回以上の方が、複数表彰されていること、松岡ガバナーは、200回を目指されていて頭が下がります! 皆様にライオンズの事を知って頂き、市民を巻き込んで一緒に奉仕活動をすることが心に残っています。また、全国35名のガバナーの中で2名の女性ガバナーが複合にいっらしゃるのもびっくりです。女性初ではありますが、ジェンダーによる男女差別をなくし、一人ひとりの奉仕活動の実力が発揮されることを楽しみにしています。

< 文:青木/撮影:岩澤 >

 

 

2020-2021 第4回キャビネット会議

国際会長賞:地区キャビネット幹事 L 町田浩一/地区キャビネット会計 L 平塚鉄也/地区LCIF委員長 L 八木克之

 

リーダーシップ賞:地区GMT委員長 L 秋山洋一郎/地区FWT委員長 L 若山由紀子/地区環境保全・アラート委員長 L 中千潤一

 

6月3日(木)ウェスティン都ホテルにて第4回キャビネット会議が開催されました。一年間を締めくくる最後のキャビネット会議では、大いに活躍した地区役員に対し、素晴らしい表彰式が行われました。

2020-2021年度は、新型コロナウィルス感染拡大により、数々のイベント中止など、制限の中で懸命に委員会活動を行って参りました。新たな形を作り、より良い進化を展開してきた運営委員と委員長には、記憶に残る新たな記念碑が生まれました。

 

国際会長感謝状:リジョンチェアパーソン/地区キャビネット運営委員

 

GAT感謝状:9名のゾーンチェアパーソン/3名の地区委員長

その他にGMT/GAT 感謝状:L.安達佳子(京都洛翠)L.徳田康敏(京都嵯峨野)FWT/GAT 感謝状:L. 若山由紀子(地区FWT委員長) が表彰を受けました。

< 文:岩澤/撮影:中川晋一 >

 

 

■■ 335-C 地区/最新クラブ情報 ■■

 

綴喜ライオンズクラブ/公益財団法人関西盲導犬協会へ寄付

投稿を見る

 

奈良西ライオンズクラブ/久しぶりの6月例会

投稿を見る

 

山城ライオンズクラブ/相楽少年軟式野球連盟に贈呈

投稿を見る

 

京都南ライオンズクラブ/第8回京都南LC会長杯争奪野球大会開会式

投稿を見る

 

奈良西ライオンズクラブ/最終例会

投稿を見る

 

瀬田ライオンズクラブ/CN55周年記念式典

投稿を見る

 

大和郡山ライオンズクラブ/奈良県赤十字血液センターへ献血広報車贈呈

投稿を見る

 

大和郡山ライオンズクラブ/第5回献血キャンペーン

投稿を見る

 

橿原ライオンズクラブ/盲導犬育成支援金贈呈

投稿を見る

 

奈良西ライオンズクラブ/役員引き継ぎ会

投稿を見る

 

 

■■ 永田賢司 国際理事 ご就任 お祝い申し上げます。

 

 

就任記念動画を見る

<パソコンでは、再生中に拡大ボタンをクリックすると拡大されます/上の写真提供:L.川久保啓一/動画制作:岩澤>

 

 

2021-2022 キャビネット予備会議開催

 

2021年6月8日、気持ちの良い初夏の晴天の中、リーガロイヤルホテル京都にて、2021~2022年度のキャビネットメンバー初顔合わせとなる予備会議が開催されました。司会は、次期地区キャビネット幹事 L. 青木惠子が担当し、清々しいガバナーエレクト L. 佐々木由美子の開会ゴングにより始まりました。

新たな門出となる凛々しい挨拶が行われ、次々と報告事項が発表されました。中でも会員数の増減は、一同にとって大変興味深いお話でした。地区ガバナー L. 松岡 勲のグローバルメンバーシップアプローチの解説が行われ、世界規模でこれから何かが行われる夢が広がりました。また、次期第一副地区ガバナー L.一盛広樹によるLCIFの年間集計の解説や次期キャビネット会計 L.八木光次による会計報告は、明快な流れで進められあっという間の閉会ゴングとなりました。

世間では、予防接種が進められ、少しづつではありますが、今までと同じようにライオンズクラブらしく活動が再開できる日を目指してガバナーエレクトの ”奉仕から出会える笑顔は心を繋ぐ”という言葉が、心に響く思いで、これからの一年に希望を持って一同、笑顔で帰路につきました。

 

<文章・写真:岩澤>

 

 

2021-2022 クラブ会長研修会

 

宣誓式の動画を見る

<パソコンでは、再生中に拡大ボタンをクリックすると拡大されます/制作:岩澤>

 

 

2021年6月28日、京都ホテルオークラにて2021-2022年度 クラブ会長研修会が開催されました。

本来なら3役研修会の予定でしたが、コロナ禍を考慮し急遽会長のみの会になりましたが、地区内102クラブから91名の新会長が集結。最初に佐々木由美子ガバナーエレクトの宣誓式が行われ、エレクトリボンを引くセレモニーが行われました。L. 佐々木由美子の挨拶の後、L. 松岡 勲の講演『ライオンズと自己成長』が始まりました。休憩の後、L. 一盛広樹とL. 山本 忍によるGMAパイロットチームの説明と協力依頼がありました。これからの会長の役割と次世代のメンバーとのつながりなど興味深い内容は、流れるように進み、無事終了しました。

<写真・文/岩澤>

 

 

LCICon 2021 初のバーチャル国際大会開催

 

パレード動画を見る<同時通訳>

<パソコンでは、再生中に拡大ボタンをクリックすると拡大されます>

■■ 上位入賞者のパレードは、こちらのYoutubeにあります 果たして優勝は?

ゆっくり見られる335-C地区国際関係委員会制作のパレードのメーキングムービーは ▶ こちらから

 

 

335-C地区 提供/KBS京都放送の「あちこち京都」は、7月18日(日曜)午後7時〜8時55分の放送です。ぜひご覧ください! 放送後、youtubeで期間限定公開されます。

 

 

335-Cライオンズクラブメンバーならこれからでもどなたでもご投稿いただけます。自クラブでいいことがあった時には、すぐ、投稿してください、

 

335-C website をクリック

右側オレンジの投稿ボタン をクリック!

(投稿のパスワードは、キャビネット事務局にお問い合わせください)

<編集室より>今期初号となるWEBライオンタイムス第13号をお届けします。どうかみなさま貴クラブのご受賞や会員拡大活動、奉仕活動など、素晴らしい出来事を何でも335-Cホームページにご投稿ください。またご意見ご意向などどんなことでもご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

WEBライオンタイムスバックナンバー / 2020-2021年度/すべてのWEBライオンタイムスを見る!

 

 松岡 前ガバナーの2021年 335複合地区年次大会 から前回号までは、こちらで、

<松岡 前ガバナー、小鍛冶 元ガバナーの動画をご高覧ください!>

バックナンバー/一覧のページへ

 

 

2021-2022 / 335-C 地区 MCIT委員会

委員長/岩澤有徑(京都鉾町LC.)
副委員長/杉山大門(京都ニューセンチュリーLC.)
委員/島田理史(京都LC.)
委員/谷口清彦(京都やわたLC.)
委員/戸嶋幸司(能登川LC.)
委員/瀬崎美保(奈良西LC.)
キャビネット担当運営委員/永瀬公惠(京都むらさきLC.)
キャビネット担当運営委員/杉原美千代(京都むらさきLC.)
キャビネット事務局/松山

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

 

WEB ライオンタイムス第13号 <335-C地区最新情報>
発行日/2021年07月01日
発行者/地区ガバナー 佐々木由美子
発行/ライオンズクラブ335-C地区 MC・IT委員会
編集主幹/地区キャビネット幹事 青木惠子
編集長/地区MC・IT委員長 岩澤有徑(京都鉾町LC.)
地区キャビネット担当運営委員/永瀬公惠・杉原美千代
取材・編集・エディティング/地区MC・IT委員会
制作/イワサワオフィス

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■