WE SERVE

 

 

" <鉾町ライオンズクラブのアクティビティ> "

 

" 2020年、京都鉾町ライオンズクラブは、結成5周年を迎えます "

 

 

■■ 京都鉾町ライオンズクラブ / 会長 橋本啓一 ■■

 

会長スローガン 「 地域と共に奉仕活動

 

 

 

 

 

 

■■ KYOTO HOKOMACHI LIONS CLUB ACTIVITY ■■

 

京都鉾町ライオンズクラブでは、ミンナソラノシタプロジェクトを通じて、福島の子供達を応援します。

 

   

 

京都鉾町ライオンズクラブでは、使用済みランドセルをアジアの国々に寄贈する活動を行っております。

 

京都鉾町ライオンズクラブでは、祇園祭の山鉾巡行にゆかりの鉾町の清掃活動を行っております。

 

2018年6月20日<鉾町清掃活動> 

 

    

    

 

2017年11月5日<鉾町清掃活動> 

 

    

 

 

2017年5月21日<鉾町清掃活動>

 

    

 

 

 

■■ はじめての清掃活動で気づいたこと ■■


" 京都鉾町ライオンズクラブ "

 

平成29年5月21日 午前10時より12時まで、京都鉾町 LCでは環境保全活動の一環として初めての清掃活動を行いました。当日はカンカン照りの暑い一日となりましたが、総勢19名の参加者のもと堀川御池の中京消防署前から各班に分かれての活動をすすめました。ゴミ袋・清掃用ハサミ・軍手をそれぞれが手に持ち一心不乱にゴミを集め、美化に務めている姿は日頃のメンバーの姿と異なり、新鮮に写りました。


当日の工程は、京都市環境局のご協力のもと、堀川御池から御池通を東へ向かい烏丸通までの基本コースからそれぞれ新町通・室町通・烏丸通などを四条方面までの清掃活動を中心に四条月鉾町界隈を終点といたしました。あまりゴミなどは少ないだろうと思っていましたが、なんのなんのお菓子の袋・たばこの吸い殻・果ては瓶そしてペットボトルまで出てくることにはびっくりいたしました。
御池通で気づいたことは歩道の中の植樹スペースに見えないように隠されているごみの種類の多さです。そして多くのお店が並んでいるのでほとんど掃除は済まされていると考えていました。目立つところは確かに清掃されていますが少し離れたところではやはり残っているものですね。あらためて気づかされました。


このように簡単に終わると思っていた清掃活動はメンバーみんなの汗が服にしみ込むほどの大変な一日となりました。しかし終わった後のお昼のビールのおいしかったこと。家族で参加いただいたメンバーともども達成感をもち、充実した一日を過ごすことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

We Serve. われわれは奉仕する。

 

■■グローバル奉仕フレームワークは、2021年までに私たちの奉仕の受益者の数を現在の3倍に当たる年間2億人に増やすという目標のもと、ライオンズとレオによる奉仕活動のフォーカスを五つの奉仕分野に向けるものです。クラブが各地で行っているあらゆる奉仕活動をいっそう充実させ、世界で大きくなりつつある問題に取り組む機会をライオンズとレオに与えます。

奉仕の形にかかわらず、今、ライオンズがこれまで以上に必要とされています!

 

 

 

 

 

 

お時間を頂く場合がございますが、ご連絡いただければ幸いです。

 

Please contact our club, We will answer. Thank you.

 

鉾町ライオンズクラブのメールアドレスe-mail address .